ブラックで貸してくれる金融は本当にないのか?

■基本的にはブラックでは借りられない

ローンの返済ができなくなれば、延滞や債務整理を避けられません。
延滞の場合は3ヶ月以上、債務整理の場合は方法を問わずにブラックに登録されます。
ただブラックに登録される期間は永久ではなく、5年または10年経過すれば再び借り入れできるのです。
10年経過しているのであれば、過去の延滞や債務整理はなかったこととして審査をしてもらえます。
一方でブラックの登録から消えていないのであれば、原則として借りることはできません。
特に大手消費者金融や銀行は貸してくれないと考えてください。

■貸してくれる金融機関が一部にある

ブラックの登録が消えていないから100%ダメだと諦める必要はありません。
例外的に貸してくれる金融機関は存在し、その一つが中小消費者金融です。
大手はコンピュータに基づいた審査を導入しているところが多く、審査における融通が利かない傾向があります。
一方で中小消費者金融は独自審査の導入により、例外的に貸してくれることがあるのです。
もちろんブラックの状態では、そうでない状態より審査で不利になるのは違いないので、返済能力をしっかりと示して、少ない金額で借りることが重要になります。

■中小消費者金融でも借りられない状況とは

すでに他社から借りていて返済できていない、まさしく債務整理の手続きをしている最中、といった状況では貸してくれる会社はありません。
また総量規制の限界額まで借りている場合も不可となります。
ただし一本化を目的にしたローンに関しては、総量規制の対象外になります。
もしキャッシングやカードローンの利用ができなくても、既存ローンの一本化や借り換えはできる可能性があるのです。
ただし他社からの借り入れが相当額になる場合は、返済能力の観点から融資を見送られる可能性があります。

■ブラックでも絶対貸すという金融は避けよう

ブラックで借りられる可能性のある金融はありますが、絶対貸すという会社は避けてください。
絶対という言葉を使用する会社を信用してはいけません。
こうした会社は貸金業登録をしていない違法業者である可能性が高いです。
ソフト闇金に関してはブラックOKのところがありますが、絶対に借りられるわけではありません。
絶対に貸してくれるのであれば、そもそも借りる前に審査はないはずです。
審査は融資する人・しない人を決めるために行われるのです。
甘い言葉で誘惑してくる会社は避けてください。