事業者の方が消費者金融でお金を借りようとして、断られてしまったというケースはよくあります。断られる理由は様々ありますが、一番注意しなければならないのが使用用途に関してです。使用用途を自由にしている消費者金融も多いですが、中には「事業性資金は除く」としているところもあります。そういうところに事業者の方が事業性資金を借り入れるために申し込みを行っても、条件に違反しているため融資を受けることはできません。そういう方にぴったりなのが事業者ローンです。
事業者ローンは事業を行っている個人事業主や法人代表の方に融資を行うローンなので、事業性資金目的でも問題なく申し込みできます。運転資金を用意したい、事業を拡大するための投資資金が足りない、そういう時に利用できるのが事業者ローンです。銀行に比べると金利が高い事業者ローンですが、融資までのスピードが早い、事業性資金にも利用できるなどのメリットがあります。他のキャッシング業者に断られてしまった方は、事業者ローンに申し込みしてみるとよいでしょう。
事業者ローンの選び方ですが、まず注意したいのが法人利用できるかということです。事業者向けのローンではありますが、中には法人は利用不可となっている業者もあります。法人として申し込みする際は、かならず法人利用可になっている業者を選ぶようにしてください。来店の必要があるかどうかもチェックしておくとよいでしょう。店舗での申し込みしかできない業者の場合、店舗が近くになければ気軽に申し込みできません。インターネットからの申し込みに対応し、来店不要な業者なら遠隔地からでも気軽に申し込みできて便利です。
返済や借入に対応しているATMにも注目しておきましょう。業者によって使えるATMが変わるので、自分が普段よく利用するATMに対応していたほうが借入や返済がしやすくなります。また、ATMによって手数料も変わってくるため、手数料が安いATMを利用できるかもチェックしておくと安心です。すぐにでもお金が必要という方は、審査スピードも見ておきましょう。審査が遅いと借入までに時間がかかってしまいます。審査が早く即日融資に対応していれば、お金が必要な時にすぐ融資を受けることができます。