過去に返済トラブルなどを起こしていると、金融機関のブラックリストに載る場合があります。一度問題があると認められてしまうと、数年程度は資金を借りるのが難しくなります。ビジネスのために事業者ローンを使うときも制限を受けやすく、必要な資金を得られなくなるので対策が必要です。大半の金融機関はブラックリストに載っていると、資金を借りられませんが一部okのところも存在します。大手の金融機関は基本的に借りられませんが、中小の消費者金融を利用すれば資金を得られるケースもあります。都市銀行などの規模の大きな金融機関は、貸し出しをする時に共通のルールで対応するのでブラックだと借りづらいです。しかし中小の消費者金融ならば独自基準で貸してくれる所もあるため、ブラックでも事業者ローンを利用できる場合があります。
ビジネスのために事業者ローンを使う手続きをしても、ブラックリストに載っていると簡単に審査に落ちてしまいます。普通に利用しようとすると失敗するケースが多いですが、やり方を工夫すればうまくいく場合もあります。金融機関がブラックの人に資金を貸さないのは、返済ができないのではと心配しているからです。そのため返済ができると保証できれば、資金を提供してくれる場合があります。例えばビジネスで使っている建物を担保にするなど、返済を保証できるものを用意すれば資金を得られるケースが多いです。保証人を用意すれば資金を借りられる場合もあるため、ブラックでも事業者ローンを利用できます。
金融機関が提供している事業者ローンは、一般的なキャッシングなどに比べて審査が厳しいです。特にブラックリストに載っている方だと、基本的には断られてしまいます。事業者ローンをブラックの方が利用したい場合は、事前に準備をしておくと資金を借りられる場合があります。金融機関は将来性のあるビジネスに対しては、多少問題があっても資金を提供してくれる時が多いです。銀行などの担当者が納得できる事業計画の書類を用意できれば、ブラックでも資金を借りられるケースがあります。事業者ローンを借りる時に必要な事業計画書の作成を頼める会社もあるため、そのようなところを使って対応する方もよくいます。