返済が滞ったり、返済ができなくなったり、任意整理や自己破産などの債務整理を行うと、信用情報機関に登録されてしまいます。
信用情報機関は銀行や貸金業者、信販会社などがお互いに情報を提供、共有し合っている機関です。
借入の申し込みをした際には、各事業者は信用情報機関に照会を行い、返済状況に問題がないか、返済能力があるかをチェックしています。
そのため、返済が滞った場合や返済できなくなった事業者だけでなく、ほかの事業者で借りようと思っても審査にと通らなくなるのが通常です。
どこからも借りられなくなる状態を、一般的にブラックと呼び、借りていた事業者の顧客管理名簿をはじめ、信用情報機関に登録されてしまうことをブラックリストに載ったなどと言います。
■ブラックになって借りられずに困ったら
ブラックになると銀行や信用金庫などの金融機関をはじめ、消費者金融や信販会社などの貸金業者からも借りることができなくなります。
クレジットカードの新規作成もできず、ショッピングローンなどもできません。
つまり、通常の場所では借りることができません。
ブラックになる方はお金がなくて払えないわけですので、お金に困っている状態の方がほとんどです。
にもかかわらず、借りられずに困っている場合、親族や友人などに借りられるあてもなければ、自己破産をするしかありません。
どうしても自己破産を避けたいという場合に、選択肢になるのがソフト闇金です。
■困ったときに助かるブラック融資
ソフト闇金は正規の金融業者ではないので、ブラック融資にも応じてくれます。
というよりは、通常の場所では借りられないブラックの方のための受け皿といっても過言ではありません。
正規の事業者ではないので信用情報機関に加盟することや利用することもなく、債務整理をしたかなども基本的に気にしません。
審査の条件は本人確認ができることと、返済するための収入が得られていることです。
つまり、なんらかの形で働いていれば良いので、失業中の方や無職の方でなければ借りられます。
中には専業主婦の方や年金生活者でも借りられるところもあります。
ご主人の収入や定期的に入ってくる年金が返済の当てになるためです。
■ブラックなのに高額融資
ブラック融資でも高額融資が得られるソフト闇金もありますが、気を付けたいのは金利です。
正規の業者ではないので、通常の業者に比べて極めて高金利です。
借りられたのは良いけれど、また返済できなくなる可能性もあるので気を付けましょう。