信用情報機関には個人の支払い能力に関する情報が登録されており、延滞や事故などの情報も登録されることになります。
過去に債務整理を行っていたり、金融事故が発生していたりすると、これに情報がしっかりと登録されてしまうことを理解しておきましょう。
延滞や事故の情報が登録されてしまうことを、いわゆるブラック入りやブラックリスト入りと呼びます。
ブラック入りになってしまうと、色々な問題が発生することも知っておくべきです。

延滞や事故の情報が残ってしまうと、消費者金融から新規借入を行うことができません。
たとえ、カードで上限いっぱいまで利用していなくても、限度額が引き下げられることによって借入が不可能となります。
消費者金融だけではなく、住宅ローンや銀行系カードローンの申し込みや利用も不可能となるので注意が必要です。
共働きの場合、夫がブラック入りしても妻の名義で申請できるケースがありますが、共働きではない場合や十分な収入がない場合はローンを組むことができなくなります。
既に持っているクレジットカードであれば利用できると考える人が多いですが、使用停止や強制解約となるケースも少なくないです。
家族が利用している家族カード、ETCカードにも影響が及ぶことがあります。
クレジットカードの停止や解約が起こると、それに紐づけられていた支払いができません。
速やかに支払い方法を切り替えなければ、公共料金や携帯電話料金が未払い状態になってしまいます。

信用情報機関に登録されている延滞や事故の情報は、5年や10年ほどで削除されることが多いです。
消去されるのであれば安心だと考える人もいるかもしれませんが、長い期間不便な生活をすることになったり、ローンが組めないことでマイホームを諦めることになったりする可能性があります。
延滞や事故が発生しないように注意し、ブラック入りしてしまうことがないように気をつけておくことが大事だと言えるでしょう。