ブラックリストとは、自分が金融事故を起こしてしまった時に登録されるリストのことを言います。自己破産や債務整理などがそれに当たり、記録は必ず残るのです。実際にはブラックリストという名前ではなく、株式会社CIC、日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターのうちのいずれかに金融事故の情報が登録されてしまうと、他の2つに情報が共有されるため、ごまかすことができません。ブラックリストに登録されてしまうと、クレジットカードが利用できなくなり、新たに作成することもできなくなります。また、金融機関からの融資が通らなくなり、キャッシングも受けられなくなるのです。
これは考えてみれば当たり前のことで、この人は以前に返せなくなったことがありますよ、という人にわざわざ貸したいとは思いません。そういった状況のため、新たに起業した場合の創業融資も受けにくくなるのです。
起業したときに、まず最初の営業資金である創業融資を受けられないとなると、それは非常に厳しい船出になります。しかしブラックリストは自分に紐付いているので、会社が新しいと言っても通るものではありません。そこでなんとか融資を受けられるところを探した時、日本政策金融公庫の存在があります。日本政策金融公庫は、ブラックリストに登録されていたり、5年以内に自己破産や債務整理をしていたとしても、今現在の状況を勘案して融資の判断をしてくれるのです。
もちろん融資ですから、しっかりとした創業計画書の作成が必要です。また、ブラックリストに載っていない人も融資の申請に来る訳ですから、そういった人と比べて審査は厳しいものになります。創業融資を得たい人は、創業計画書に添付資料として、説得力のある資料をできるだけ多く添付すると良いでしょう。審査で見られるのは資金と計画書だけでなく人柄もあるのです。精密な資料を作成し、審査官を説得するような気持ちで審査に臨めば、良い結果を得られるかもしれません。