自営業者が融資を受けるためには

自営業を営んでいると生活費と事業費が別だと考えていても、いざ融資を受けようとした時に個人と事業のどちらかで既に金融ブラックに陥っていると新たな融資を受けにくくなります。自営業者の場合には銀行口座に屋号入りと個人名のどちらかを使うことになりますが、個人向けローンとビジネスローンのどちらであっても同じ指定信用情報機関CICまたはJICCを参照して審査を行います。このため、個人名義で金融ブラックの状態とビジネスで失敗して屋号入り名義が金融ブラックになっていても、個人名部分で照合されて融資を断られてしまうわけです。
自営業が法人成りしている状態ならば、ビジネスローンを法人名義で審査を受ける方法がありますが、それでも社長が金融ブラックの状態ではビジネスローンの融資が通りにくいことに変わりません。自営業の場合には生活費と事業費を同じ個人が振り分けることになるので、生活資金名目での融資を事業資金の補填に使ってしまうケースが少なくない現状です。このため、消費者金融や信販会社は返済能力をしっかり調査するために、自営業については名義人本人が金融ブラックかどうかを必ずチェックしています。消費者金融からの融資を断られてしまった場合には、一旦個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行って金融ブラックとなっていないか確認する必要があります。
代表者が金融ブラックなために消費者金融からの融資を断られてしまうならば、別の手段で資金調達を行うしかありません。金融ブラックの状態は、信用情報照会により長期延滞による2年間または任意整理や自己破産といった債務整理による5年間となるのか確認可能です。そして、自営業により売上が立っているならば、請求書を使ったファクタリングによる資金調達を行えば手数料はかかるものの金融ブラックだからといって事業資金に困ることはありません。運転資金を融資してもらいたいという程度ならば、消費者金融からの融資を受けにくい期間を知った上で代替手段により当面乗り切れば良いわけです。