ビジネスローン

ビジネスローンは会社や経営者がブラックリストに掲載されていても、利用が可能でしょうか。結論から言うと、これは不可能だといわれています。消費者金融をはじめとした金融機関では、個人信用情報機関の情報を確認し、融資をおこなうかどうかの判断を下すからです。経営者や会社がブラックリストに登録されているかどうか、融資の申し込みを受けた時点で必ず確認します。その結果、リストに登録されていた場合は、融資を受けることができません。返済能力がない人として認識されるからです。
なぜブラックリストに掲載されている会社や経営者がビジネスローンをはじめとした、各種ローンを利用できないのでしょうか。それは、ほかの金融会社などで返済を延滞したり、返済不能に陥って自己破産や個人再生などの手続きを取り、官報に掲載されたことがあるなど、事故情報があるからです。また、これらだけではなく、何らかの事情によって消費者金融やクレジットカード会社から強制解約の手続きを取られた経験がある人も、掲載されている可能性があります。経営者がブラックリストに掲載されている時には、ビジネスローンなどの融資の申し込みなどを行わないことが大切です。
なお、経営者だけではなく、会社がブラックリストに掲載されているという場合は、会社の経営に大きなトラブルが発生したと認識されている可能性が高いです。例えば、税金を未納にしていることや、決算書に問題があるなどの場合もブラックリストに掲載されることがあります。また、決裁書に問題がある場合や、代位弁済手続きが発生した場合、保証債務を未履行の場合や、金融機関側に貸倒される可能性が高いとして、再建の権利をほかの金融機関に移管されている場合なども、ブラックリストに掲載されることが多いです。特に最も大きな借りられない理由の一つは、赤字決済を出しているかどうかだといいます。1度でも赤字決済を出した企業の場合、金融機関によっては融資を断ることがあるからです。一部金融機関でブラックリストに掲載されていてもOKというところもありますが、金利がかなり高いなどのリスクが大きい消費者金融である可能性が高いため、注意してください。